北谷町平和祈念祭とは

去る戦争により多くの町民(当時は村民)が命を失うとともに家屋や田畑などの財産もことごとく破壊され、また、終戦時には町
の全域が米軍に占領され、かろうじて生き延びた町民も自らの土地に帰ることが許されませんでした。
1946年10月22日、米軍から町内の一部に居住が許され、ゼロからの戦後復興が始まりました。

北谷町ではこの大事な記念の日を「北谷町民平和の日」とし、
同日から10月末日までの10日間を「平和推進旬間」として毎年「平和祈念祭」を開催しています。

平和メッセージ

同じ過ちを二度と、繰り返さないために今、私たちは、ここ北谷から、恒久平和の願いと、未来への希望を声高々に届けたい。

平和メッセージ

平和観賞会(ドライブインシアター)の様子